講師の独り言

「英語の一つぐらいできなくてどうする」というのはよく聞く言葉ですが、申し訳ないですが、おそらくこの言葉を使う方は語学の勉強をしたことがない方ではないでしょうか。英語を真剣に学んでおられる方の口から、この言葉が出てくることはまずありません。

あるアメリカ人の方は来日後、日本語を学んだ自らの体験から、英語を学ぼうとしている日本人に対して大変だから思い直した方がいいといっているそうです。それだけ、語学を始めることは大変なことなのだと身に染みて感じておられるということなのだと思います。

英語は義務教育の一環です。ですから日本人であれば誰でも一度は勉強することになるのですが、ほとんどの方が実用レベルに引き上げることができないまま終わってしまいます。非常に残念なことです。私が考えるにその大きな理由の一つが、冒頭にあげた「英語の一つぐらいできなくてどうする」に代表される思考パターンにあるのではないでしょうか。

英語は簡単にできるようになるはずなのに、自分にはそれができない、だから向いていないといったことになってしまいます。最初から語学は有益だが、そのプロセスは決して簡単ではないという事を教えられていればこういうことも起こりません。通常何かを始める際、計画を立てます。でも英語を学ぶという点においてこのことが結構軽視されている気がしてなりません。

そして自分なりの計画をたてるためには、どういうプロセスを通って英語が上達していくのかを知ることは大切です。日本で、英語を学び、そしてものにした方の体験談も役に立つはずです。そして興味深いのは多くの方が、上達は突然やってくると言っていることです。地道な努力を続けているとある日突然レベルが上がっていることに気がつくというのです。

実は私も同じ経験をしたことがあります。あまり歌詞が聞き取れない歌がありました。歌はリズムがついておりどうしても話し言葉より聴きづらくなっていますが、ある日ブレークスルーを感じたあと、試しにこの曲を聴いたところ嘘のようにすいすいと耳に歌詞が入ってきて、自分でもびっくりしたことがあります。

リスニングやリーディング等の地道な訓練を続けるうちに上達はある日突然にやってきます。英語の上達プロセスはサラリーマンの給料とすこし似ているかもしれません。きちんと仕事をしていれば毎月の給料がきちんと入ってきます。これはやればやるほど地道に上達していく部分です。そして頻度はあまり多くはないかもしれませんがご褒美としてもらえるボーナスがブレークスルーになります。