講師の独り言

効果的な英語の学習法の一つにシャドーイングというのがあります。中級者以上の方はおそらく耳にされたことがあると思いますが、プロの通訳者の多くは徹底的にこの練習をこなすといわれています。

ただ何をするかと言えばきわめて単純で流れてくる英語の後を影のように声を出して再生していくのです。もしかするとプロが使うからというと少し敷居の高いもののように感じられるかもしれませんが、決してそうではなく初級者から上級者まで誰でも取り入れていただけるものです。

シャドーイングを行うにあたってはある程度の時間を取って練習できれば理想なのかもしれませんが、お忙しい方はなかなかそれもできないとおっしゃるかもしれません。そこで今回私が提唱したいのはシャドーイングもどきです。

具体的には英語を聴くと瞬間的に口で再生する、もしくは口に出せる状況にない時は心の中でその英文をリピートする習慣を身に着けるということです。まとまった英文でなくてもいいのです、ふとテレビなどから英語が耳に入ると間髪入れずにリピートする癖をつけてしまうのです。

口に出せるときは口に出してください。それによって正しい発音、抑揚そして口の筋肉を鍛えることができます。できないときは心の中で行ってください。これでも十分練習になります。それにこの癖を身に着けると英語に対する集中力が磨かれます。

わたしもリピートするのが習慣化しておりリスニングにおいて無意識にこの作業を行っているので例えば面白くない話題が多いTOEICにおいても結構集中が途切れませんし、記憶にも残りやすくなります。もちろん初級者の方は特にすべての音を拾うのは大変だと思いますので聞き取れる範囲でしていただければ十分効果があります。ちょっとした習慣を身に着けることによって中長期的なスパンで見ると大きな差が生まれてきます。